ホームページの作り方で大事なこと!読みやすく作ろう!

デザインはシンプルにする

ホームページを作る際、デザインに凝りすぎると読みにくいことがあります。情報を伝えるためには凝ったデザインは必要ありません。知ってほしい情報を盛り込むことが大切です。デザインは情報が伝わるのを邪魔しない程度に抑えておきましょう。読みにくいホームページになってしまっては本末転倒です。また、最初はデザインをシンプルにしておくと間違いありません。あとでデザインを変えるにしても、読みやすさを考えたシンプルなデザインから始めます。ホームページを作成する意味を考えながら作りましょう。

閲覧者が読みやすいことを心がける

閲覧者が読みにくいと感じれば、ホームページを最後まで見てもらえない可能性が出てきます。途中で止めるか、最初に閉じられることもあり得るでしょう。そのため、一目見たときの印象が大事になってきます。例えば、文字しかないホームページを見やすいと感じる人はほとんどいません。それどころかすぐに閉じる可能性が高いです。そう考えると、イラストや絵などを適切に配置することが重要です。このホームページなら見やすいというサイトを参考にすると、配置する比率が分かるでしょう。

読む人が理解しやすい文章にする

ホームページでは文字で情報を伝えることが多いです。そのため、読み手が理解しやすい文章を作る必要があります。例えば、方言が多く入っている文章は全国的には読みにくくなります。読み手がどんな人かを想像して文章を作りましょう。特に読み手が限定されていないのであれば、みんなが読みやすい無難な文章にしておけば問題ありません。

ホームページ作成の際に、有料の業者に委託しなくても無料で自作できるサイトを利用することが可能です。多数の画像の中から背景のデザインを選んで、オリジナルのものを作成できます。